Real Estate Selling Step 2

STEP2「査定依頼をする」

売却査定する

お客様からのご相談を受け、売却についてのご希望や諸条件をお伺いしましたら、物件を実際に査定して売り出し価格を算出します。
不動産の査定には、簡易査定と訪問査定があります。
簡易査定の場合は、ご相談の前に机上で、地域相場などを勘案してあくまで簡易的に物件を査定します。それに対して訪問査定の場合は、実際に物件を見て、あるいは役所や法務局などでも詳細な調査をした上で、実際に「売却できる価格」を算出します。
前項でも申し上げましたように、不動産の場合は立地条件や、建物の状態、その時々の相場の状況、時期(シーズン)、あるいは行政や商業施設などの将来的な進出・撤退などなど、、、表面からは見れない様々な要因が付いてまわりますので、必ずしも現状で広告などにでているような相場がすべてだとは限りません。
査定は、豊富な経験と常に最新の地域相場を熟知する当社にお任せください。

査定することが大事

不動産広告などを見ていますと、プロの我々からみて「これはいくらなんでも売れないだろう?」と思う値段で出ている不動産を見かけることがあります。
市場で売る(広告をして一般の第三者に売る)場合、相場を離れた高値では売れるものも売れなくなります。
「少しでも高く売りたい」のが人情ですが、我々が普通の買い物でも少しでも安いものを探すのと同じく、わざわざ高いものを買ってくれる人はいません。まして、不動産などは一般商品に比べて出回る数がより少ないものですから、誰だってそれが高い安いがすぐにわかってしまいます。
買う人にとっては一生に一度の決断であり、さらには住宅ローンなどの制約もあって「買える範囲」が決まっていますから、その範囲の中で最高の買い物をしようとみんな一生懸命です。そんな中で、「相場を離れた高い値段」を付けたらいったいどうなるか、は言うまでもありません。
不動産の売却で大事なのは「売れる価格で出す」と言うことに尽きます。
中には複数の不動産業者から相見積を取って売却価格の高いところに頼む方もいらっしゃいますが、絶対にお勧めいたしません。
とくに売却を急いでいる、売却期間が決まっている方にとって、それは致命傷にもなりかねません。その高い見積を出した不動産業者が買ってくれるならともかく、普通に広告などで世間一般に売りに出すのであれば、その高い見積もりには全く意味がありません。 結局は市場価格に落ち着きますので、それまでの間の期間損失はお客様が被ることになります。
当社は豊富な販売事例、売却事例、またはいまの市況の流れなどを加味して、お客様にとってベストな販売価格と販売計画をご提供いたします。

販売計画の立案

売却価格とあわせて販売計画もご提案させていただきます。
たとえば期間が限られていて、何が何でも早期売却をしなくてはならない場合は、多少値段を下げてでもすばやく売ることが大切です。一例ですが、不動産では「指値」という値引き交渉が入ることがよくあります。 そこで値引き交渉の余地をあらかじめ含んでおいて値付けをすることも大切な施策の一つとなります。このように、お客様の事情に合わせた不動産販売計画を練ることを当社は得意としております。
広告への掲載、ネット媒体を使った販売方法など、ご依頼いただく不動産の早期売却を目指したについて、お客様の事情に合わせて販売計画を立案してご提案差し上げます。

山陽不動産ご売却フリーダイヤル:0120-395-340

不動産相続