Real Estate Selling Step 6

STEP6「残代金の決済・引渡し」

残代金の決済・引渡

締結した売買契約に基づいて買主様へ物件をお引渡しいたします。
買主様は売買代金の受け取りと同時に所有権の移転登記手続きを開始し、物件の引渡しを受けます。(通常は鍵のお引渡し)

  1. 1. お引渡し前の物件の最終確認

    お引渡し前に、物件の状況や境界線などの最終チェックを買主様・売主様にて行います。不動産売買契約書、および契約時に示し合わせた物件状況確認書類等に基いて行います。

  2. 2. 残代金の精算手続き、および登記関係処理

    物件代金から契約時に受領した手付け金を差し引いた額の精算を行います。
    物件に住宅ローンが残っている場合は、買主様がご用意(もしくは住宅ローン)した代金にて、残金を一括返済し買主様への所有権移転登記と同時に抵当権の抹消を行います。
    あわせて固定資産税や都市計画税の日割り精算金などの精算等も行います。
    契約を安全かつ確実に履行するために、当社、司法書士、売主様、買主様、が金融機関へ一堂に集まって、すべてを同時進行で行うことが一般的です。

  3. 3. 鍵の引渡しおよび関係書類の受け渡し

    残代金の精算と同時に、物件の鍵の引渡しを行います。
    あわせて関係する確認書類(マンションの場合の管理規約や設備の説明書など)も引き渡します。
    引渡しの確認書を作成し、ご署名ご捺印を頂き取引は完了します。

  4. 4. 各種費用の精算

    仲介手数料、および司法書士への報酬などの諸費用をお支払いいただきます。

  5. 5. 取引の完了とアフタフォロー

    当然ながら、取引後のトラブルなどにもきちんと応対いたします。
    また、売りっぱなし、買いっぱなしではさびしいものです。
    当社は住まいを通じて、お客様とは長いお付き合いをさせていただきます。
    業務の違いから当社では対応できないことであっても、住まいに関することでしたら、外部のパートナーへの委託、ご紹介を含めてご対応させていただきます。
    当社は「不動産、住宅」に関して広いネットワークを持っておりますので、住まいに関することでしたらぜひ当社をご活用ください。

山陽不動産ご売却フリーダイヤル:0120-395-340

不動産相続